自然観察会  赤田1号雨水調整池―赤田ビオトープ

東急江田駅から歩いて10分ほどのところに赤田1号雨水調整池がある。
コメダコーヒーの駐車場を過ぎると、背の低い木立に囲まれたビオトープと運動場が見下ろせる。
大雨が降ればビオトープは水の下に沈んでしまう。 貯留量26,766u 水深は6メートル近くもある。
まちを守る大切な力強い「貯水タンク」だ。
天気の良いこんな日は、そこにどんな「いきもの」を発見できるのか楽しみに、ビオトープが広がる底へ降りた。
周りを囲む木立の内側に通路があり、そこから見下ろしてみると・・・ 手前:赤田西公園多目的運動場
むこう側:調整池(ビオトープが広がる)
ビオトープの説明看板   遊水池は雨水調整池に名前が変わりました  看板の表示は未修正のまま
作業用に長靴にはきかえていざいざ 先日の大雨で水面が上昇  この葉っぱの残るあたりまで来たようだ
1.5m程度の水没は年に10回程度ある
雨量観測計が設置されている
どこに繋がっているのだろう
雨量観測計の全容
隣の運動場との段差はこれぐらい 作業に通う自転車がひっそりと こんもりとした雑木の下には       一休みできる日陰スペースが
ビオトープ完成後9年、多様な生物が育ちつつある まさに ビオトープ
今回は何が入っているのか? メダカがいる 困りもののアメリカザリガニもいる こっちは見つけ次第殺傷処分 水辺の杭に新しい芽吹き コウホネが黄色の花をつけています
植えたのですか・・柳 花菖蒲もあちこちに 外来生物は駆除対象
ギシギシがどっさり・・
ちょっと耕してはみたものの
流出側
下水管が詰らぬよう格子で囲い
北側流入口
道路下を走っている直径2m(右上方)の雨水下水管  
水量が多い時にはここから大量に流れます。 非常に多い場合
飛び出した水が抜ける穴が左上方に見えます 
北側流入口
道路下を走っている直径2mの雨水下水管(本管)  平常時水量が少ないと下の管から流入します
東側流入口 
白い水は食器の洗浄水か?
東側流入口  上下に流入口 水深は6.5メートルまで表示 
赤い印は5.5mで満水を示しています
この9年間で1度満水になりました

2006年ここまで水没しました・・機能全開ですね
3〜4年に一度グランドまで水没するようです
別の雨水調整池 ほぼ同じ構造
右側のプール部分の底コンクリートを外してビオトープに